FC2ブログ






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

地目について

地目は地盤の強度を考える上で、とても大切です。

家は土地の上に建つので、土地の強度は重要。

地震で地盤が液状化して、家が台無しになってはたまりません。。

現在家が建っている場合、ほとんどの場合が地目は「宅地」になっています。

ただ、その土地が昔は何だったかが大事です。

現在の地目は、田、畑、宅地、学校用地、鉄道用地、塩田、鉱泉地、

池沼、山林、牧場、原野、墓地、境内地、運河用地、水道用地、

用悪水路、ため池、堤、井溝、保安林、公衆用道路、

公園、雑種地の23種類です。


自分が地目で注意するのは、池沼、ため池の場合です。

地盤が軟弱の可能性が高いです。

ただし、鋼管杭などで、基礎工事ををしっかりしているとか、

地盤を改良をしている場合は、それほど心配する必要はないと思います。

土地の地目に「堤塘」(ていとう)という地目があります。

堤塘って聞きなれないですね。これは、現在の「堤」と同じ地目と考えていいみたいです。

「防水のために築造した堤防」です。

昔は「堤」というのを「堤塘」と言ったみたいです。昭和35年頃から

登記簿と土地台帳の一元化するにあたり、堤塘を堤として移記したようです。

水関係の地目には注意が必要です。





スポンサーサイト
[ 2014/04/17 14:56 ] 地目について | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miyakoooya.blog.fc2.com/tb.php/108-b8ea0211










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。