FC2ブログ






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

物件調査 ひび割れ物件は大丈夫なのか。。。

競売物件の現地調査ですが、築古の不動産投資で木造住宅の場合

古くてクラック(ひび割れ)がある物件は大丈夫なのかという心配される方がいます。

基本的に木造物件はRC等の物件に比べ簡単に揺れるので、塗装などには

表面クラックが入りやすいです。このクラックは建物にそれほど影響はありません。

クラックが0.5ミリぐらいあれば、ちょっと心配ですが・・

テレフォンカード(古い)が少しも入らないようなクラックであれば、見た目が

古びているだけで全然気にせず入札します。

モルタルを塗った外壁は経年劣化とともにひび割れするものと

考えていいと思います。下地材までクラックが入っていると

思われる場合は木材が腐る原因にもなりますので、塗り直しが必要です。

外壁塗装の修繕費用を見込んで入札する必要があります。

ま~外壁に関してはよっぽどのものでない限り気にしない。

ただ、地盤に近い基礎のあたりにクラックがある場合は要注意です。

基礎に0.5mm以上のクラックがある場合は、地盤沈下による場合もありますので、

床が傾いていないかなど確認をする必要がります。

地番沈下によるものであれば、軟弱地盤かもしれないので、

地盤改良する必要がでてきたり、必要以上の経費がかかります。

こういった物件はよっぽどの物件でない限り入札しない方が

いいと思います。

基礎は建物を支える一番重要な部分です。

基礎に不具合があれば建物がどんなに綺麗で、新しくても、軽い地震の揺れで

倒壊する恐れもあります。良い例が横浜市で今問題になっている大型マンションの傾斜ですね。

旭化成のデータ偽装により杭が強固な地盤に届いていない。。築9年目の発覚。。

何年か前の姉歯建築を思い出しますね~ヽ【・ω・】ノ

ただ、姉歯建築は東日本大震災の際に、ビクともしなかったみたいですが。。本人も偽装はしていたが、

強度は震度7、8にも耐えられると言っていたけど。。。ま、何にしても

新築住宅がいいなんて、よく嫁はいいますが、新築住宅でも見誤れば最後、購入した人は

夜も眠れないでしょう。。 築古物件は、古ければそれだけ長い年月問題なく過ごしてこれた

証です。築古物件万歳ですね~。




スポンサーサイト
[ 2015/10/27 21:14 ] 競売 競売物件調査 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miyakoooya.blog.fc2.com/tb.php/145-49f625a2










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。