FC2ブログ






耐震診断。。。特に瓦が重かった。。

3号物件、耐震診断しました。


耐震診断したおかげで、家のことがいろいろと勉強になったのでよかったです(^^)。


3号物件は昭和47年築なので、もちろん、耐震性は低かったです。


瓦屋根が重たい。。。


耐震補強をしたいのですが、やっぱりかなり費用がかかります。


今の自分のお金ではできません。


政府は国の建物耐震率を90%にすることを目標にしています。


政権が代わり、自民党になったので、今後公共事業へ予算がどんどんついて


、住宅分野にも予算がついてくれることを祈りましょう(^-^)


コンクリートから人へを合言葉の民主党がボロボロ。。


自民党の20兆近くの補正予算。。経済対策等期待したいですね。


話がそれました(^^;)。。


今回は、住宅に関して参考になれば。。


耐震基準の変遷について


・1981年(昭和56年)6月1日~新耐震基準


木造住宅で、耐力壁の量、耐力壁の倍率などが見直され、耐震性が大きく向上しました。


基準の目標は震度6でも倒壊せず、人命が容易に助かるように。


・2000年(平成12年)6月1日~建築基準法大改正


基礎の仕様が明記されたので、地盤調査が必要に、あと、


柱頭、柱脚、筋交いの接合部の金物の種類などが具体的に明記され、


耐力壁のバランス配置が計算されました。


このあたりの変遷は中古住宅を購入する際に注意したいですね(^^)





スポンサーサイト



[ 2013/01/15 20:34 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miyakoooya.blog.fc2.com/tb.php/59-a6b97d41